カタログダウンロード
除草剤
いも類 飼料用とうもろこし 登録拡大!!
会社名日本ブレード株式会社
住所香川県高松市磨屋町5番地1
電話番号087-821-5872
取扱品目耕うん機、トラクター用耕うん爪・ボルト・各種刈刃・ブリッジ・GM社バッテリー・自動車用品等

除草剤

葉から入って根まで枯らす、除草剤 サンフーロン

農林水産省登録 第18814号

除草剤 サンフーロン
除草剤 サンフーロン

世界でも、日本でも、この成分の除草剤が、一番使われています。 

(グリホサート イソプロピルアミン塩41%)(平成11年度 農薬統計)

良い除草剤の条件は?

農林水産省登録がある

サンフーロンは、除草効果と安全性が、公的な試験で立証されています。

使い方は簡単!しかもよく枯れる

使い方は水で薄めて雑草にまくだけ!
有効成分のグリホサートが、あらゆる雑草を根まで枯らすので、除草効果が長く確実です。
(適応作物・適応場所と使用方法をよく読んでお使いください)

安全性が高い(普通物・魚毒性A類)

サンフーロンの主成分は、アミノ酸。しかも、土に落ちた成分はすぐに薬効を失い、微生物により自然物に分解されるので、種まきや植付けにも安心です。

あらゆる果樹園、田畑でも使用できる

サンフーロンは、土壌に残留しないので、果樹の根元や田畑にも安心して使用できます。
果樹園の下草・水稲畦畔・水稲耕起前・茶・小麦・だいず…の農耕地登録があります。  

保管ができ、お買い得

サンフーロンは、開封後も有効期限内なら、品質に問題なく使えます。
ですから大容量を購入すれば、割安でお買い得です。

ジェネリック農薬※だから安価です

ジェネリック農薬※だから安価です オリジナル農薬の特許が切れた為、同じ成分で安価に販売。
農薬登録があるので安心・安全です。

※ジェネリック農薬とは

「新薬」として最初に発売された薬は特許に守られ、開発したメーカーが独占的にその薬を製造販売することができます。
ところが特許期間が切れると、他のメーカーも同じ成分、同じ効果の薬を製造できるようになります。
これが「ジェネリック農薬」です。

サンフーロンは…

  • あらゆる雑草を根まで枯らし、除草効果が長く、確実です。
    (適用作物・適用場所と使用方法をよく読んでご使用ください) 
  • しかも土に残らない!(微生物により分解されます) 
  • だから散布後、種まきや植付けも安心です! 
  • 使い方は簡単!水に薄めて雑草(茎葉)にまくだけ。
  • ラベルに野菜類の表示が無いものでも、野菜類の除草にご利用頂けます。

サンフーロンの上手な使い方

  • 雨が1日降りそうにない、風のない、天気のよい日に散布。 
  • きれいな水を使用して下さい。 
  • 雑草の茎葉全体にムラなく散布。(しっとり濡れる様に) 
  • 雑草の種類によって薬量を変えて下さい。 (基本は100倍、頑固な雑草は50倍、スギナは25倍で使用してください。)

サンフーロンの上手な使い方

先に水を入れ、後からサンフーロンを入れてください。(後から水を入れると泡だらけになる事があります。)

主な使い方

主な使い方
主な使い方

土壌に残留しないので、果樹の根元にも安心してまけます。

みかん・りんご・なし園

ギシギシ、ヨモギ、タンポポ等、根まで枯らすので、春草も夏草も、約2ヶ月抑えます。

水田耕起前

病害虫の巣となる、雑草を枯らします。(水田に薬液が入ると薬害がでるので注意してください)

スギナ

25倍液を、スギナの草丈20~30cmの頃、天気の良い日に、ていねいに散布するのが効果的です。
(九州は4~5月、本州は5~6月、北海道は6~7月が目安です)

適用作物・適用場所と使用方法

1.散布処理

◎使い方

本剤を水で希釈して、雑草木の茎葉に散布。 植木等では植裁地を除く。

適用作物・適用場所と使用方法

  • サンフーロンは、2016年5月11日付で農林水産省より、 いも類・飼料用とうもろこしの登録が拡大されました。 
  • 今迄のラベルのサンフーロンも、5月11日以降は、上記適用の除草に安心してお使いいただけます。 
  • あらゆる雑草を根まで枯らす、安全性が高い、お値段もお手頃の除草剤・サンフーロンを 今後もよろしくお願い申し上げます。

2.注入処理

◎使い方

地際近く(50cm程度)の1~3ヶ所にナタ等でつるにキズをつけ、薬液がよくしみこむように注入処理する。

注入処理

◎竹類の注意事項

処理竹から15m以内に発生したたけのこを食用に供さないこと。 また、縄囲いや立て札により、たけのこが採取されないようにすること。


2004年9月に「小麦」に拡大後
2005年は、「庭園」、「茶」、「移植水稲」、「直播水稲」
2006年は、「果樹類」、「だいず」、「さとうきび」
2007年は、「ねぎ」、「竹類」
2010年は、「たまねぎ」に拡大しました。   

◎使い方の目安

一年生雑草 100倍、多年生雑草 50倍
ススキ・ササ 30倍、スギナ 25倍
(5Lの水に、本剤一目盛り 50ml を入れると100倍です。)   

ラベルをよく読む  
記載以外には使用しない 
小児の手の届く所には置かない  
空容器は環境に影響の無いように適切に処理する

  メーカーのページはこちら